献血01

趣味は何かと尋ねられますと、数がありすぎて、返答に困るのです。

スポーツはするのも、観戦するのも好きです、パソコン好きです、ジサッカー(自作家)です、ゲーム大好きです、お酒好きです、もちろん女性、大好きです、などなど。

その中で、献血があります。

痛いこと、注射が苦手、と言う方が意外と多いのですが、自分はまったく苦になりません。

初めての献血は、献血バスだったのですが、献血ルームの存在を知り、そこでお世話になっています。

初めての献血ルームは、秋葉原献血ルームです。

若い方はご存じないかもですが、古い献血ルームを知っています、駅前の広場にありました、今は駅前のビルの5階らしいです、行ったことありませんが。

この何年かは、船橋献血ルームでお世話になっています。

駅前のフェイスビルの7階です。

全血献血は間が開くので、成分献血をお願いしています。

まあ、間が開くのがいやだ、って意味がわからない、と注射嫌いな方に言われますが。

とにかく、痛いのが平気です、検査採血の時も、献血の針を射すときも、見ています。

だってそうでしょう、あの細い血管に、採血用の比較的太い針を射すのですよ。

入った瞬間、声には出さないですが、「すごい、グッジョブ」です、匠の技です。

自分にできる、唯一のボランティアだと思っています。

それと、献血ルームで知ったのですが、骨髄バンク、登録しました。

ずいぶん前に登録しましたが、合わないものです、まあ、親子でも25パーセントって言いますもんね、いまだ、連絡は無いです。

ほぼ、月一の献血ですが、いよいよ大台一歩手前になりました。

f:id:mo230jp:20181119102857j:plain

カープのこと5

日本シリーズ、良い試合でしたが、負けてしまいました。

ソフトバンクはスキが無い、あれだけ主力選手が抜けているのに、カバーする選手層がハンパないです。

対戦相手は、SBなのですが、自分はなぜか、昔の西武を意識してしまいました。

現工藤監督、現役時代の工藤投手は良い投手でした。

決して身長は高くないのですが、良い球をほうるのです、打てなかった思いしかありません。

そして、解説の前SB監督の、秋山さん、西武時代、広島との日本シリーズでホームランを打って、ホームに入る前に、バック宙をしましたよね。

広島ファンにとっては、歯ぎしり以上の、悔しい思いを忘れることができません。

なんだか、自分にとっては、SB相手なのですが、どうしても「西武」という意識が残った日本シリーズでした。

負けると、いろいろ言われますが、自分は采配についての批判はありません。

レギュラーシーズンと変わらない打順だ、短期決戦では、大胆な打順組み替えが必要、主力選手でも、調子が悪い選手は、控えに回すべきだ、などと。

確かにそうなんですが、広島ほど、レギュラーシーズンで打順を組み替えなかったチームはありません。

今更、打順組み替えは、選手の意識に大きく影響すると思います。

それに、どの試合も、どっちに転んでもおかしくない試合だったと、自分は思います。

勝てたかもしれません、でも負けました、SBが一枚上手だったのです、それだけです。

34年ぶりでしたっけ、日本一になれば、まあ、今年はおしかった、としましょう。

セリーグ三連覇ですよ、新井さんじゃないですが、シリーズに連れて行ってもらっただけでも、感謝です。

10年前では、考えられない、幸せのシーズンを3年連続で経験させてもらいました。

リセットして、来年、またがんばりましょう、応援し続けます。

広島ファンにとっては、聖地、マツダスタジアム、新幹線からです。

f:id:mo230jp:20181105134608j:plain

橋08 中央大橋

今回は中央大橋のこと書きます。

竣工は1993年(平成5年)です、千住汐入大橋ができるまでは、隅田川にかかる最も新しい橋でした、斜張橋です。

f:id:mo230jp:20181102101608j:plain

1993年というと、終わりの方ですが、バブル期です。

中央大橋ができる前に、佃島開発があり、高層マンションが建ち並びます。

高層マンション一棟での、住民の方の数は相当なものだと思います。

ですから、佃島の人口が急激に増加したと思われ、恐らくこんなやりとりが。

当時は、鈴木都知事さんです。

住民さん「対岸に行くのに、佃大橋か、さらに下流勝鬨橋(かちどきばし)まで行かなきゃならないっす、新しく橋架けてもらえません?」

鈴木都知事さん「いいよ、お金あるし」

自分の想像ですけど、こんな感じじゃなかったのかと、中央区側から、高層マンションをバックに。

f:id:mo230jp:20181102100239j:plain

で、バブリーな時期ですから、設計(デザイン)はフランスの会社にお願いしました。

と言うのも、隅田川とフランスのセーヌ川とは友好河川の関係にあります。

デザイン発注を受け、後のフランス大統領、当時のパリ市長であったシラクさんが、とても喜んだとか、喜ばなかったとか。

そのお礼としてかどうかは、わかりませんが、パリ万博に出品された、「メッセンジャー」と言う像を贈呈されました、まあ、料金に含まれているとは思いますが・・・

ちょっと見づらいかもですが、その像です、上流に向かっています。

f:id:mo230jp:20181102101503j:plain

日本の兜(かぶと)を意識してデザインされたそうです、言われてみればそんな感じですね。

確かに、全体的にフランスっぽいし、バブリーな雰囲気ですよね、ちなみに、佃島からこの橋を渡り、そのまま道なりに行くと、突き当たりは東京駅です。

f:id:mo230jp:20181102102328j:plain

この橋の特徴ですが、橋が直線ではありません、佃島から渡ると、左に曲がっています。

曲がった橋って、以外と珍しいのではないでしょうか。

それと、見ていると、なんか癒やされる感じがして、自分は好きです、中央大橋

橋07 清洲橋

清洲橋のことです、メインケーブルとハンガーロープのことです。

ハンガーロープの長さをどうやって決めるのかと、疑問に思っていましたが逆でした。

メインケーブルの形を先に決め、その形をくずさないように、ハンガーロープの長さを決めるのです。

メインケーブルの形ですが、この曲線は、放物線でもなく、ましてや、円弧でもありません、懸垂曲線(懸垂線、カテナリー曲線)と呼ばれるものです。

懸垂曲線とはどういった曲線かといいますと、2人で端を持った、たるんだロープの曲線です。

駐車場によくある、チェーン、電柱間の電線、蜘蛛の糸もそうです、普通に存在する自然の形状、曲線なのです、だから美しいと感じるんですね。

この曲線は、どのポイントをとっても、引っ張り応力が同じ、という、理系にとってはたまらない曲線です。

ですから、清洲橋の場合、メインケーブルを設置し、その形をくずさないように、ハンガーロープの長さを調整していけば良いのです。

清洲橋の鋼板製のメインケーブルです。

f:id:mo230jp:20181031112751j:plain

あまり、見られた方いないと思います、清澄橋の下です、永代橋と同じで、鋼板を何枚も重ね、溶接ではなく膨大な数のリベット(鋲)で組み立てられています。

f:id:mo230jp:20181031113903j:plain

アーチ橋のアーチの形も、上下が逆なだけで、懸垂曲線です。

懸垂曲線って、ほんと、美しいですよね。

f:id:mo230jp:20181031114136j:plain

橋06 清洲橋

今回も清洲橋です。

構造は吊り橋です。

橋の種類は、種々ありますが、我々がよく目にしますのは、アーチ橋、吊り橋、斜張橋です。

隅田川の橋で言いますと、永代橋がアーチ橋、中央大橋斜張橋、そして、清洲橋が吊り橋です。

斜張橋と吊り橋って、同じもんじゃないのでしょうか、と思っていたのですが、専門家の方に言わせると、まったく別物だそうです。

さて、吊り橋構造の清洲橋ですが、釣るためのワイヤーが一切使われていません。

遠目に見ると、吊り橋そのものですが、ワイヤーの代わりに、鋼板が使われています。

これです、鋼板を何枚も重ねて、ワイヤーの代用品としています。

f:id:mo230jp:20181029142301j:plain

橋を吊るための、ワイヤーをメインケーブルと呼びますが、鋼板製のメインケーブルと言うことになります。

メインケーブルと橋をつなぐケーブルを、ハンガーロープと呼びます。

清洲橋では、このハンガーロープもワイヤーではなく、鋼鉄製です。

おそらく、鍛造製の鋼鉄だと思います、中央の円筒状のものを回転させると、円筒の内側がねじになっており、締まる、緩むで、ハンガーロープの長さを調整できる構造となっています。

f:id:mo230jp:20181029143304j:plain

さて、このハンガーロープですが、どうやって長さを決めるのでしょう。

自分は理系なのですが、橋梁関係は縁が無く、ずっと疑問に思っていました、で、調べてみました。

答えは、メインケーブルの形です。

長くなるので、次回です。

清洲橋って、本当に美しいです。

f:id:mo230jp:20181029144215j:plain

橋05 清洲橋

今回紹介します橋は、清洲橋です。

中央区日本橋中州と江東区の清澄を結ぶ橋です、橋名は公募で決めたとありますが、清澄の「清」、中州の「州」で清洲橋となるのは、おそらく既定路線だったと思います。

清洲橋は、「きよすはし」と読みます、橋銘板です。

f:id:mo230jp:20181024113942j:plain

元はここには橋はなく、中州の渡し、舟での移動だったようです。

関東大震災の復興事業の一つとして、また、下流永代橋とのペアの工事として架橋された橋です。

1926年(大正15年)着工、1928年(昭和3年)竣工です、ほとんど永代橋と同時期です。

男性的な永代橋、女性的な清洲橋、としてペアの橋として愛されています。

1979年(昭和54年)その清洲橋永代橋の間に、橋を架けました、隅田川大橋です。

目的は首都高速の混雑緩和などで、二層の橋です。

せっかくの、ペアの橋の景観を損ねる、と反対はあったのですが、まあ、架橋して大正解だったと思います、混雑緩和で。

清洲橋です、吊り橋です、美しいです。

f:id:mo230jp:20181024120332j:plain

スカイツリー建設中の写真です、2010年5月の撮影です。

夜はライトアップされます、これもまた美しいです。

f:id:mo230jp:20181024120535j:plain

次回も清洲橋にします。

広島に行ってきました7

10月11日に広島に行ってきました。

今回の目的は、実家の畑の草刈りと、妹の家の稲刈りの手伝いです。

妹の旦那さんの田んぼで代々受け継がれたもの、狭いながらも三面あります。

普段はそんなに人手は必要ないのですが、さすがに稲刈りは多い方が良いようです。

今回は、妹の旦那さん、旦那さんの弟さん、妹の息子(社会人)、妹の娘の旦那さん、そして自分、と男手が五人とこれまでにない、大人数でかなりのハイペースで作業は進んだようです。

稲刈り機の調子が悪くて、始まりがかなり遅れましたが、当日で作業は完了しました。

今は珍しくなった、天日干しです、晴れの日のみのカウントで二週間だそうです。

雨に打たれても良いのかと質問すると、妹いわく、雨に打たれるからこそ味が良くなる、のだそうです。

翌日は、家の畑の草刈りです。

ほぼ二ヶ月ほっておくと、こんな状態です。

f:id:mo230jp:20181017115250j:plain

で、徹底的に草刈りを行い、ここまで綺麗にしました。

f:id:mo230jp:20181017115410j:plain

レモンの木は植えて三年目になります。

今年は、雑草の中がんばってくれて、一個だけですが実を付けました。

f:id:mo230jp:20181017115944j:plain

呉線ですが、広島より広まで復旧していました。

広駅は、呉駅の三つ先の駅です、感謝です。