橋11:萬年橋

今回の橋は、萬年橋です。

隅田川からの支川、小名木川(おなぎがわ)にかかる橋です。

隅田川から入ってすぐの所に、かかっています。

「まんねんばし」と命名された橋は、意外と多く、国内にたくさんあります。

かつては、木造だったため、長い年月持ちこたえるように、使えるように、と名付けられたのでしょう。

この萬年橋の、「まん」は「万」ではなく「萬」です。

f:id:mo230jp:20190131105413j:plain

最初の架橋は延宝8年(1680年)らしいです、古いです。

場所は江東区になりますが、深川です、深川と言えば、松尾芭蕉さん、橋のたもとにこれがあります。

f:id:mo230jp:20190131105725j:plain

えっ、じゃあ、かわず(カエル)が飛び込んだのは、小名木川なの、と、思ったのですが、最初に「古池」ってあるじゃん、ということで、川ではなく、池でした。

平岩弓枝さんの「御宿かわせみシリーズ」という物語があるのですが、隅田川沿いの、「かわせみ」というお宿を舞台に、江戸時代の様々な事件、出来事が書かれた本ですが、なんと、全38巻、そんなにたくさんのネタがあるのかと思うのですが、あるのですねえ、これが。

自分は、まだ10巻くらいまでしか読んでいないのですが、この、小名木川、という川が結構な回数で登場します。

確かに、小名木川は江戸の方たちにとっては、重要な運河で、行徳方面からの塩の運搬、そして、千葉方面からの農産物、海産物の搬入の重要な経路として使われていたようです。

そのため、当時は、萬年橋のたもとに、「川番所」があったそうです、積み荷の検査を行う部署ですね。

現在の橋は、1930年(昭和5年)に架橋されました、これまた古いです。

橋からすぐの所に、大きな水門があります、おそらく隅田川の水位が異常に高くなったときに、水門を閉め、河川水の流入を防ぎ、水害を押さえるためと思われます。

こういった、水門は隅田川沿いにたくさん見られます。

f:id:mo230jp:20190131104455j:plain

ご存じない方多いと思いますが、この萬年橋、夜はライトアップされます、きれいですよ、ぜひ、実物を見て頂きたいです。

f:id:mo230jp:20190131112054j:plain

 

タブレットはipad mini2を使っています、が、容量が16Gしかないため、もう、パンパン。

どうにもならなくなって、悩んだ末、買いました、ipad 6、128G。

proもあるのはわかっていたのですが、高くて手が出ない、ipad 6も結構しました、いわゆる、清水舞台からダイブ、的な・・・

f:id:mo230jp:20190131113030j:plain

 

カープのこと8

手放しで、めっぽう、超越、スーパー、ウルトラ、うれしいです。

あの、G軍の、長野選手が、広島に来てくれるのです、赤いユニフォームに袖を通してくれるのですよ、たまらん、死にそう。

当初、新聞各紙で発表があったとき、広島県が長野県の農産物とか、特産品とか何かを手に入れたと勘違いされた方が、少なからずいたとか、いないとか。

それくらい、重大ニュースです、おおごとなのです。

自分、G軍はもちろん好きくないですが、由伸さんの次に、好きな選手です。

しかし、まあ、2浪までしてG軍に入団し、すばらしい成績を残し、確か日本一も経験されてる選手を、いとも、あっさり、簡単に放出とは、人的補償とはいえ、なんだかなあ、です。

それに加え、なんだか、カープに取られた、みたいな被害者感の発言は、メッチャ気にくわないですけど、まあ、いいか、気にしないようにしよう。

前にも書きましたが、FAするというのは、いろんな所に影響をおよぼすのですねえ。

ところで、みなさん、覚えておいででしょうか。

2016年9月10日、東京ドーム、そうです、25年ぶりのリーグ優勝の日です。

黒田さんが先発で、誠也が2発、まっちゃんが1発、ぶっぱなし、ざきさんが押さえた試合、6対4で勝利し、歓喜にわいた試合です。

このときの、G軍のオーダーは、1番:長野、2番:亀井、3番:坂本、4番:阿部(敬称略)です。

9回裏、ざきさんがマウンドへ、無難に2アウトをとり、次のバッターは、長野選手。

あと、1アウト、と言う場面で、長野選手、ヒットを打ちましたよね。

このとき、自分を含め、ほとんどのカープファンは、こう思いました。

「おいおい、空気読めよ」

と。

自分、どちらかというとネガティブ思考なんで、亀井につながれ、初回、ホームラン打ってる、坂本まで回すと、サヨナラ負けありかも、と。

結果は、みなさんご存じの通り、亀井選手は、セカンドゴロ、田中-新井とボールが回り、ゲームセット、そして歓喜の胴上げ、黒田・新井の涙のシーンとなっていきます。

この、2アウトからの長野選手のヒット、強烈に印象に、記憶に残っています。

とにかく、長野選手、敵チームにいると、打たれそう、打たれた、と言う印象なのです。

その、長野選手が、広島に来てくれるのですよ、うれしい限りじゃないですか。

G軍の他の選手と違って、チャラ感がまったくなく、寡黙で、一途、と言うのが自分の印象です。

今年、成績は良いにこしたことはありませんが、成績よりも、中堅、ベテランとしてチームの若手選手への助言と、サポートをお願いします。

新井さんがいない今、とても重要な、貴重な選手だと思いますよ。

カープのユニフォームを着れば、家族です。

最初のバッターボックスでは、ズムスタの全方向赤いスタンドから、地鳴りのような応援が、今から、見えるようです、聞こえるようです。

試合後のヒーローインタビューでの、笑顔の長野選手しか、想像できません。

「広島に来て良かった」

と、きっと言ってくれます。

FAで、いなくなった選手は、もうどうでも良くなりました。

たまりません、もう、期待しかわかない、もう、どうしようもなく、開幕が楽しみです。

赤松選手のユニフォームに加え、背番号決まったら、長野選手のユニフォーム買わなきゃ。

がんばれ、カープ!!

 

カープユニフォームのティッシュケース、もう、使用して3年目。

f:id:mo230jp:20190110131054j:plain

 

海外出張02:シンガポール

前回の続きです。

結局、12月26日、27日、28日、3泊にしましたが、28日は宿泊はせず、夜10時くらいにチェックアウトと言うことにしました。

しつこいようですが、料金は、通常の3泊分です、割引はありません。

我々が、泊まらないまでも部屋を確保するわけですから、当然と言えば当然です。

さて、仕事は順調に進み、何とか無事に、12月29日に帰国できそうです。

12月28日、無事仕事を終え、ホテルに帰ります、午後6時くらいだったでしょうか。

このホテル、てか、どのホテルも同じだと思いますが、朝、ホテルを出て、夕方帰ってきますと、当然ですが、部屋を掃除して頂いています。

部屋の掃除と、ベッドメーキングと、タオルは新しいものに取替、サービスのミネラルウォーター2本を補充して頂いています。

ところが、28日ホテルに帰りますと、なんと、朝出たときのままなのです。

ベッドはグシャ(寝相悪いです)、タオルは使ったまま、ミネラルウォーターの補充無し。

なんじゃこりゃ、で、すぐに連れに電話しますと、連れの部屋も同じ、朝出たときのままで、掃除無しです。

おっかしいなー、と思いつつも、帰国の準備がありますので、チェックアウトの時フロントに言ってみようと、とりあえず、夕飯を摂り、帰国準備です。

荷造りを済ませ、12月28日、夜10時にチェックアウトです。

フロントで手続きをしているときに、訪ねました、

「我々の部屋は掃除されていないが、なぜ?」

延泊したので、単純に忘れているのかと思いきや、こんな回答、

「夜、10時にチェックアウトすることになっている部屋は、掃除しないという決まりになっている」

rule、と言うことです、いやいやいや、おかしいおかしい、泊まるわけではないけれど、部屋を占拠するわけで、それに対して、正規の1泊料金はお支払いします。

だったら、サービスも正規のことをやって下さいよと。

じゃなかったら、割引があってもおかしくないでしょ、と、発言。(ちと、しつこかったか・・・)

discount、と言う言葉を使いました、したら、フロントのお姉さんの答え、

「Of couse not」

鼻で笑って言い返されました。(主観です)

私の耳には、あるわけないじゃん、と、鼻で笑われた気がしました。(主観です)

もー使わない、もーこのホテルに泊まらない、と思った瞬間でした。

 

チャンギ空港まで、タクシーで20分くらいでしょうか、福岡行きは、ターミナル3です。

大きな空港です、チェックイン以外は、ほとんど無人です、前回と様変わり。

f:id:mo230jp:20190109115703j:plain

12月29日、朝8時半、無事福岡空港に到着です。

そのまま、広島に移動、広島・呉に着いたのがお昼前になりました。

そのまま、お正月は広島で過ごそうかと思いましたが、いまいち体調が思わしくなかったので、翌日、12月30日千葉に帰ることにしました。

新幹線ですが、混んでるかと思いましたが、逆方向だったのと、広島発の新幹線を狙ったので、無事窓側に座ることができました。

ただ、東京駅に着いて、びっくり、新幹線ホームはとんでもないことになっていました。

お子さんを連れておられる方は、大変だと思います。

f:id:mo230jp:20190109122945j:plain

お盆、お正月の移動は気をつけようと思いました。

以上、バタバタの、年末でした。

 

海外出張01:シンガポール

年末年始、忙しくて間が開きました。

明けましておめでとうございます、今年一年が、みなさんと私にとって良い年でありますように。

 

さて、年末のことです、急遽、シンガポールでの仕事が入りました。

日程は、12月26日に、シンガポールへ移動、27日、28日、2日間仕事して、29日帰国、と言うスケジュールです。

29日に帰国ですが、仕事ですから、何が起きるかわかりません、下手したら、年明け帰国も覚悟はしていました。

シンガポールへの移動ですが、さすがに年末です、成田、関空ともいっぱい、唯一、福岡からの便に空席を見つけました。

福岡発シンガポール行き、朝9時半ころの出発です、なので、12月25日に福岡で前泊です。

何の因果で、クリスマスに出張ですねん、です。

まあ、仕事です、連れと2人での、海外出張、連れも子供さんが小さいのに、同情の余地はありますが、仕事です。

朝、9時半福岡発、シンガポールには、現地時間で15時半頃に到着しました。

航空会社は、SQです、自分好きです、SQ、CAの方のユニフォームが、いいっすよね、いいっすよね(2回、言いました)

シンガポールチャンギ空港を出たのが、16時頃でしょうか、ホテルに着いたのが16時半頃です。

チャックインします、予約は、本日26日と27日の2泊です。

SQの帰りの便は、とても変則的な時間で、夜中1時半頃の出発です。

福岡着が朝8時半頃になるので、帰国後は便利と言えば便利なのですが。

28日は仕事をしますが、その日はホテルに泊まらず、日付変わって、29日午前1時半にシンガポール発、と言うことで2泊の予約したらしいのです。

いやいやいや、まてまてまて、28日仕事終わって、風呂も入らず、結構な量の荷物を持って、6、7時間どこで時間つぶすねん、と言うことで、1泊延長、合計3泊に変更してもらいました。

フロントのお姉さんに、28日はチェックアウト何時かと尋ねられたので、空港でお土産も買わないとで、午後10時くらいと答えました。

で、私もずーずーしく、泊まるわけではないのだけど、料金は通常の1泊と同じですか、とお尋ねすると、同じです、とお答えになられました。

とても平然と、とても当然のように、ニコリともせず(主観です)お答えになられました。

長くなるので、続きます。

 

ホテルの窓からの風景、16階です。

まあ、遠目に見ると、きれいですが、実際町並みを歩きますと、なんだかなあ、です。

10年くらい前までは、シンガポールって、こんないキレイな所なんだ、と思いました。

残念なことに、行くたびに、だんだんと、残念です。

f:id:mo230jp:20190108184144j:plain

 

献血02: 100回目となりました

献血回数が、100回目となりました。

回数を自慢してはいけないとは思いますが、なんかうれしいです。

世の中には、上には上の方がいらっしゃるようで、1000回を越えた方がいらっしゃるとか、すごい;;

今年中に、達成したいと思っていましたので、良かったです。

年内は忙しくて、献血に行くのは無理ですが、来年から、2019年、新しい元号にも変わりますので、初心にかえり、101回目からスタートです。

 

血液の型で、性格が決められるというのが、普通に使われていますが、自分は、半分は信じてるかもです。

B型、RH+です、マイペース、飽きっぽい、自己中、あってると言えば、あってるかも。

おふくろの方のおばさんが、目黒に住んでいますが、そのおばさんもB型です。

いつだったか、広島にいた頃の話をしていたときです。

おばさんが、若いとき、たぶん中学生くらいでしょうか、おそらく緊急連絡先のカードか何かに、血液型を記入する欄があったそうです。

そこに、B型と記入するのが、恥ずかしくてしょうが無かったそうです。

東京に来て、何十年にもなるのに、いまだに広島弁が抜けません、おばさんいわく、

「わたしゃあ、B型、ゆうて書くんが、恥ずかしゅうて、恥ずかしゅうて」

と、えええ;;;、B型って、恥ずかしい血液型なの・・・・

根気よくそんなことはないよ、と説明する自分でした。

 

100回目の献血ですが、偶然にも、千葉出身、熱狂的カープファンの看護師さんに、担当して頂きました、ありがとうございました。

処置椅子に座り、お互いに、最初にお話ししたことは、

「まさかの、巨人でしたね」

でした。

来年も、カープ応援するぞ、がんばれカープ!!

f:id:mo230jp:20181210105219j:plain

 

カープのこと7

自称、生まれたときからカープファンの自分でしたが、申し訳ありません、このエピソードは知りませんでした。

カープファンとしては、知らないことは無いはずのエピソードでした、自称でした、公称ではありませんでした。

カープファンとして、知らないと恥ずかしい、と言うエピソードはこれです。

 

2007年、新井さんはFA宣言され、タイガースに行かれます。

人的補償で、赤松選手が来られました。

今でこそ、カープの赤松選手ですが、当時カープファンにとっては、大変失礼ですが、あまりなじみのない選手でした。

けど、赤松選手は、自分に与えられたチャンスと思い、不安半分、期待半分、と言う気持ちだったそうです。

そして、明けて2008年、レギュラーシーズン中のカープ対タイガースの試合が、甲子園で行われたときのことです。

試合前の各チームの練習の合間のこと、移籍後、初めて赤松選手と新井さんが、会話を交わす場面があったそうです。

そのときの会話です。

新井さん

「赤松、悪いな、本当になんて言ったら良いかわかんない、ほんと、申し訳ない。

おまえの、野球人生を変えてしまった。」

と、あやまられたそうです。

で、赤松選手

「そんなこと、思ってないですよ、ほんと、やめてくださいよ」

と笑顔でかえされたそうです。

その後、赤松選手は、カープの外野のレギュラーとして活躍されました、旧広島市民球場で、ホームラン性のボールを、フェンスに駆け上がって捕球したシーンは、銅板プレートになり、今でもズムスタに展示してあるはずです。

移籍当時の結婚されたばかりの、赤松選手の奥様も、大阪から広島に来られ、知らない土地だし、友達もいないしで寂しい思いをされてたそうですが、ご主人の赤松選手から、新井さんとのこの会話をお聞きになり、すごく楽になったそうです。

新井さんらしいエピソードじゃないですか、もう、涙腺やばいです。

 

そうですよね、FAはご本人のみでなく、ファンの方、まわりの方、チームメイトや、そして特に、人的補償とされた方に大なり小なり、いろいろな影響を及ぼすのですね。

新井さんが、赤松さんにお詫びをする、こういう所が、日本のプロ野球選手の良いところ、日本人のいいところだと思います。

よく、海外ではこうだから、とか、アメリカではこうしてるとか言う方いらっしゃいますよね。

特に野球では、MLBではこうだから、こうしてるとか、これは普通に行われてるとか言われますよね。

自分、それ、申し訳ありませんが、嫌いです、大と超をつけて。

良いところは、取り入れれば良いし、参考にすればいいと思いますが、無理にまねしたり、比較批判することはないと思います。

日本のプロ野球は、日本のプロ野球ですから。

私事ですが、パスポートがハンコでいっぱいになるくらい、海外に行っていますが、それでよけいにかもしれませんが、日本大好きです、名乗るとき、氏名です、名氏ではありません。

話、それましたが、カープファンで良かったです(自称ですが)、新井さんにしても、黒田さんにしても、野球選手以前に、人間としてすばらしいです、尊敬します。

赤松選手、自分全力で応援します、ユニフォーム買います;、がんばってください。

さあ、来年も応援しますよ、がんばれ、カープ!!

 

広島、実家の畑で採れたミカンです。

今年は、5月にミカンの木の剪定をしっかりやったのと、肥料をしっかり施したので、良いできだと思います。

f:id:mo230jp:20181207163658j:plain

 

 

 

 

カープのこと6

根っからのカープファンの自分ですが、このモヤモヤはどうしようもないので、書かせて頂きます、決して意味の無い罵詈雑言のつもりはありませんので。

思えば、昨年の契約更改から、この流れ、方針は固まっていたようです。

ご本人は、複数年契約を希望すれど、球団側は単年契約としました。

2連覇に貢献し、MVPとなったのに、この待遇か、と、ご本人はさぞご立腹されたのでしょう。

来年(2018年)FA取得で、必ず見返してやる、と決断したとか、しないとか。

で、今年です、3連覇に貢献し、2年連続MVP、FA宣言をされました。

残留も含めて、と言うことでしたが、代理人を入れた時点で、自分はその線はないと見ました、その通りとなりました。

FA権利獲得は、ご本人の努力のたまもの、と言われますが、もちろんそれも大きいですが、まわりのスタッフ、チームメイト、コーチの方々のおかげでもあると思います。

それから、ドラフト1位で、複数球団指名ならまだしも、この年最後の高校生ドラフトで、単独3位指名です、カープが指名しなければ、プロの選手にもなれなかった可能性もあります。

余談ですが、黒田さんは、MLBでは球団から複数年打診されても、断って単年にしたそうです、まともにプレイできないと球団に迷惑掛けるからだそうです。

それと、移籍の発表が、ファン感、GG賞などが終わった後というのが、なんだかなあ、です。

ファン感で9番のユニホームを着たファンの方たち、「来年も一緒に」のプラカードを持ったファンの方たち、その方たちをどういう気持ちでごらんになったのでしょう。

ご本人も、奥様も千葉の方なので地元で(実際は東京の球団ですけど)と言うことらしいですが、上のお子さんは来年小学生、と言うことは、6才くらいですよね、お子さまたちにとっての故郷は、広島なんじゃないでしょうか。

地元でって、世のサラリーマンは大半が地元以外、特に奥さんは、地元を離れ、お嫁さんに来て、盆正月は子供らと故郷に帰るのを楽しみに、というのが普通だと思いますが。

まあ、このくらいにしときます、昨年の契約更改で、複数年を断られた後の、確か記者会見での表情が、すべてだったように、今は思います、こんな表情するんだと思いましたもん。

さて、楽しみは人的補償です、まあ、お互い腹の探り合い、牽制のやり合いで、誰をプロテクトに入れるかですね。

逆に言えば、プロテクトから外れた選手は、いらないと明言されてるようなものですから、外れた選手の方の気持ちも複雑ですよね。

プロテクト枠は28人らしいですが、20人くらいに減してもらいたいものです、取られる気持ちが少しはわかるかと。

種々問題があり、現役を続けたかった由伸さんを監督にしたんじゃなかったでしたっけ。

で、監督を引き受けたはいいが、育成まったくしてないチームで、由伸さんは、3年苦労されました。

で、みそぎは終わったという体で、しらっと復帰され、FA選手かき集め。

どこに行っても、応援すると言う方がいらっしゃいますが、自分はできません。

大竹選手のように活躍され、人的補償で来られた選手が、一岡選手のように活躍されますように、また、来年は是非4連覇で、優勝決定の相手チームは、当該球団で、最後のバッターが当該選手でありますように、と言う夢を持って、来年も変わらずカープを応援します。

がんばれ、カープ

ビールかけTシャツ、来年も販売されますように。

4枚購入して、1枚は献血ルームの、千葉出身で熱狂的カープファンの看護師さんにプレゼントしました、めっちゃ喜んで頂いて、こちらこそ感謝です。

f:id:mo230jp:20181203140857j:plain